かわにょぶろぐ

買ったモノとかオススメを適当に。(2014年末より以前の記事は他のSNSで書いてたものを手動で書き写してます🤤)

スマホ用のVRゴーグルを試してみる。

今Amazonで人気のコミック


1年ちょっと前、PS4とPSVRを年末キャンペーンでお得に購入出来ましたが、


PSVRは酔いやすいジャンルのゲームが多く、なかなか好きなゲームが見つからない。


『グランツーリスモ』や『ACE COMBAT 7』は10分くらいプレイすると酔って吐きそうになる(笑


そんな中、『傷物語VR』や


『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』などの体験型コンテンツはとても楽しめました( ^ω^)


今だと『狼と香辛料VR』がとても興味津々ヽ( ^ω^)ノ



そんな中、3Dブルーレイなるものの存在を知り、
『ゼログラビティ 3D』を購入。




PSVRの解像度が やや低いので解像感はやや低いものの、雰囲気や立体感は良く、宇宙デブリが迫って来るシーンとかは思わず避けたくなる(笑

一通り楽しんで、やる事がなくなって暫くして『えっちな動画のVRがDMMで売っててPSVRに対応してる』と言う情報を得て試してみたら、本当に目の前に女性が居る感じで、あぁこれは少子化が加速するな…と思いました'`,、('∀`) '`,、

手を伸ばすと おっぱいが…ないんですけどね(笑

ただ、キスシーンなどで目の前に来ると“ひとつ目”のようになるのであれは正直よろしくないw

DMM VR

迫って来るとこんな感じの画面になるので、左右で異なる映像が表示されるから「ひとつ目」に見えます、こっち来んな状態です(笑


そして面白かったのが、開発者向けの『カンファレンスCEDEC 2019』で、

プレイステーション VRを振り返る。豊富なデータをもとにユーザーの傾向や動向を分析! 日本のPS VRユーザーはかなり特殊…!?【CEDEC 2019】 - ファミ通.com

日本のPS VRユーザーの傾向について。ワールドワイドの傾向と比較すると、日本はだいぶ異なるところがあるのだという。
日本のPS VRユーザーは、動画コンテンツなどのノンゲームコンテンツの人気が高く
日本のPS VRユーザーの累計起動時間は“動画コンテンツ”が圧倒的。


確かに仕事終わりくらいの時間から寝るくらいまでの時間、DMM VRが重すぎて動画止まるんだよね(笑
(PSVR用のDMMVRはストリーミングのみ対応でダウンロード出来ない)

なるほど、日本のPSVRユーザーはDMM VRでえっちな動画を見てるんですね分かります( ˘ω˘ )


元々VRは『高性能パソコンと専用の高価なVR装置が必要』くらいの認識でしたが、色々調べると、パソコン不要のAndroidベースの比較的 安価な値段から展開してる「Oculus Go」や「Oculus Quest」などもあり、これは2万円台からある入門的なVRだけどプラットフォーム的にsteamのように星の数ほどゲームがある感じではなく、主に動画を見る層に人気だとか。

ほかには「スマホ用のVRゴーグル」なんてのもあり、これが驚きで2000円を切るような製品もあってビックリ。

(ようやくタイトルの本題に漕ぎ着ける…)

原理的には「四角い箱で覆われた中を左右で異なるレンズを通して観る」だけで、液晶パネルもないし、原価は安いかもしれないけど、安すぎだろと(笑

そんな訳で試しに買ってみましたヽ( ^ω^)ノ

スマートフォンVRゴーグル

一式
スマートフォンVRゴーグル
「Bluetoothコントローラー」も付いてます。

正面。
スマートフォンVRゴーグル
正直ロゴがダサいのでない方が良いと思うw

見ての通りヘッドフォン付きです。
スマートフォンVRゴーグル
ただ、音はお世辞にも「良い」とは言えないので「音が鳴ってるのを把握できる」程度であまり期待してはいけないw

「音量調節」や「スマホをタップするボタン」があります。
スマートフォンVRゴーグル

レザークッションは取り外し可能なので、メンテナンスが楽ですね。
スマートフォンVRゴーグル

目の間の距離(瞳孔間距離)を調節する機能。スマートフォンVRゴーグル
PSVRでは「設定」で目の距離を調べて数値入力ですが、こちらは物理で左右に動くので素早く調節出来て良いですw

視力(ピント)調節機能。
スマートフォンVRゴーグル
近視-8.0から遠視+4.0まで対応してるのである程度の目の悪さはカバーできると思う。
新型PSVRにもこの機能付けて欲しい…。

ただ、私はド近眼なので-8.0じゃ足りませんでした…0(:3 )~(笑

スマホをセットするとこんな感じ。
スマートフォンVRゴーグル
鑑賞中にパカッと開けて操作しやすい(物理

実際に動画を再生させた感じ。
スマートフォンVRゴーグル
画面の向こうはえっちです…(*ノωノ)


解像度や反応速度は全て「スマホの性能に依存」しますが、「フルHD液晶搭載のスマホ」だとPSVRと同じ解像度になると思います。
(PSVRは有機EL (OLED) 1920x1080ディスプレイを左右それぞれの目に960x1080で割り当て)

そして値段相応な部分ですが、レンズが汚れてたりキズが付いてる場合があります。
(一度交換して貰いましたが多少マシな製品が届いた感じですw)
こればっかりは値段が値段なので割り切って頂くところかな。

頭を左右に振った時の追従性もスマホの性能に依存しますが、これはPSVRの方がスムーズですねさすがに。

あと、スマートフォンを操作できる「Bluetoothコントローラー」が付いてて、ペアリングの後にアプリ側の設定すれば使えるようになります。

ただ、DMM VRはメニューは縦画面ですが、コンテンツ画面になると横になるので、どう設定して良いか分からない…(笑

しかしこの値段で「Bluetoothコントローラー」まで付いて、この会社 大丈夫かと不安になるw

動画コンテンツを見る分にはPSVRよりもスマホゴーグルの方がお手軽で設置も早くて楽なので、入門としてはとても良いと思います。

Youtubeなどにも3D動画は公開されてるので、それを見てみるのも面白いでしょう。

逆に「3Dブルーレイ」などの映画コンテンツを見る場合はスマホゴーグルにブルーレイを映すのが難しいので「PS4+PSVR」ならブルーレイディスクを入れるだけなので楽だと思います。

そんな訳で、安価でVRを体験できるのでオススメですぞ( ゚∀゚)o彡°

購入は(σ`・ω・)σ こちら!!

 

この記事を気に入って頂けたらTwitter等でシェアしてくれると嬉しいですU*'ω')b"